トップ » 利用支援システムを使う

利用者支援システムを使う

利用者支援システムは、J-PARCに来訪・実験する方の諸手続き、採択された課題の実験責任者が実験を行うためのオンライン手続きシステムです。実験責任者(来所に関わらず)、J-PARCに来訪する方は登録し、必要な手続きをしてください(入構申込書の申請、申請用紙のダウンロード、ドミトリーの予約が可能です)。

使用するビームラインによって使用する利用者支援システムが、J-PARC利用者支援システムまたはKEK共同利用者支援システムと異なりますのでご注意下さい。

新規ユーザー登録

初めて利用者支援システムを利用する方は新規登録が必要です。

1. 利用者支援システムを開き、「ユーザー登録」ボタンをクリック

課題番号、実験責任者氏名/所属/職名、立ち入り施設情報をお手元にご用意して、承諾書に入力を行います。

2. ユーザーズオフィスで承認後、完了通知のメールが届きます

ユーザーID(ログインID)と初期パスワードが通知されますので、48時間以内にログインし、任意のパスワードへの変更をお願いします。

用務の追加

利用者支援システムに登録されたら、用務の追加を行います。登録したユーザーで利用者支援システムにログインして手続きを行います。

1. 左メニュー【利用申請手続】→【2.未登録の実験・研究用務への承諾書入力】をクリック

課題番号、実験責任者氏名/所属/職名、立ち入り施設情報をお手元にご用意して、承諾書に入力を行います。承諾書への入力完了しましたら、『申請』ボタンを押します。

所属の変更がある場合は、承諾書入力時に同時に申請できます。

2. 次ページで確認・承諾事項に承諾をすると、申請が完了します

3. ユーザーズオフィスにより承認が行われます

ユーザーズオフィスにより承認処理が行われると、【1. 登録済の実験・研究用務】で確認する事ができます。